読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録

読んだ本の内容を思い出せないことが増えてきたので、何でもいいから記録を残すことにしました。ネタバレもありますのでご注意ください。

うめざわしゅん『パンティストッキングのような空の下』、伊坂光太郎『砂漠』

 

パンティストッキングのような空の下

パンティストッキングのような空の下

 

 

身も蓋もないような、考えさせられるような。そんな作品です。

特に「唯一者たち」の最後の方のやりとりが印象に残っています。

高校生の時に幼女に暴行未遂を起こし、10年越しにその幼女に謝ろうとしたものの、「絶対に許さない」という返事をされた主人公(洋一)が吐く台詞が以下のとおり。

苦しい…苦しい…

でもコレは…

あの子の苦しみとは関係なくて…

自分がそんなことをした人間で…この先もそうだってことが…苦しい

こうやって結局自分の苦しみしか苦しめないことが苦しい…

ずっと…ずっと…

なんで俺はこんななのか…なんで俺だけが…

なんで…

なんで俺は…生まれてきたのか…

 それに対する、謝るよう働きかけたルイという女の子の返事が以下。

私は生きてるのがすごく楽しい

冬は寒いけどたくさん服を選んで着れるし 近くにできたケーキ屋は大当たりだし もうすぐハンターハンター連載再開するし…川上さん(※ルイの恋人)は超優しいし…

将来は結婚して子供は二人で犬も飼って…

って欲張りすぎ?そんなうまくいかないよね!

でも そうねーあとはあんまり痛くなく死ねればいいかなァ

とにかく!私の人生超すばらしいよ!

でも…

生まれてこないで済んだなら それが一番良かったな

 誰だってそうじゃない?みんな自分だけが自分なんだから

 「私」という業を人間は生まれながらに背負っているのだということがよく分かります。でも分かったところでどうするのでしょう。よく分かりません。

 

 

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 

 

高校の後輩に薦められて読みました。

一言でまとめるのであれば、大学生5人が砂漠に足を踏み出す前の青春を描いた作品です。その5人の中でも、西嶋くんが群を抜いて面白い。

そうやって距離を空けて、自分たちさえ良ければいいや、そこそこ普通の人生を、なんてね、そんな生き方が良いわけないでしょうに。ニーチェも言ってたじゃないですか。『死にもの狂いの剣士と、満足した豚からも等距離に離れていたところで、そんなのはただの凡庸じゃねえか』ってね

 

『人間とは、自分と関係のない不幸な出来事に、くよくよすることだ!』

 

あのね、目の前の人間を救えない人が、もっとでかいことで助けられるわけないじゃないですか。歴史なんて糞食らえですよ。目の前の危機を救えばいいじゃないですか。今、目の前で泣いてる人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ 

前半の百数十頁だけでこの調子です。これが面白くないわけがない。

とはいえ、西嶋くんだけではなく、他の4人もそれぞれ時が過ぎる中で変わっていくので、そちらもまた興味深いです。

私はもう砂漠にずぶずぶ嵌っていますが、ちったあもがいてやろうかなという気持ちになれました。

 

 

あ、ちなみに今回のテーマは「パンク」です。「これが現実だよ」とかしたり顔で言う大人になってはいけません。現実を殴っていきましょう。

北方謙三『水滸伝』、森博嗣『すべてがFになる』

埋没するのは容易く脱出するのは難しい。

それがシリーズ物である。まるで麻薬のようだ。

2017年は手を広げようと思っていたが、年末から2つのシリーズ物に迂闊にも手を出してしまったせいで、そちらの片が付くまで他に取りかかれそうにない。

 

一つ目は、北方水滸伝である。高校生か大学生のときに一度通読したものの、また読みたくなって手を出してしまった。たぶんモヤモヤしたものを吹っ飛ばしたくなり、こういう熱い物語を読みたくなったのだろう。年末は何かと過去を振り返ってしまうから。

19巻と長くはあるが、1巻1巻はさほど重くないので、するする読める。そこがまた憎い。手が止まらないのだ。

おまえがまずやることは、旅をしながら体力を回復することだ。それから、心の傷を内側に閉じこめておけるようになることだ。冷たい言い方かもしれぬが。

魯智深が奥方を亡くした林冲に放った台詞である。あるいは悲しみ一般に当てはまることかもしれない。)

 

すべてがFになる (講談社文庫)

すべてがFになる (講談社文庫)

 

 二つ目は森博嗣のS&Mシリーズである。こちらは『喜嶋先生の静かな世界』を読んで、また森博嗣の作品を読みたくなったというのが籠絡されたきっかけである。北方水滸伝とは異なり熱い物語ではないけれど、どこか純粋であるという点では似ている。

こちらは10巻だが、北方水滸伝より1巻1巻が重いので、なんだかんだ同じくらいのタイミングで読了しそうな予感がしている。

意味のないジョークが、最高なんだ。

この犀川先生の思想には大いに共感するところがある。ジョークたるもの空虚であるべし。

 

 

よくよく考えると、こちらが2017年最初の記事だった。今年もよろしくお願いします。

福本伸行『アカギ』、『中間管理録トネガワ』

「ざわ・・・ざわ・・・」をはじめとする独特な表現で人々を魅了してきた福本作品ではあるが、まさかスピンオフであるとはいえ「このマンガがすごい!」で1位を獲得する日が来るとは思っていなかった。

というかこの作品が1位で大丈夫なのだろうか。

言っちゃなんだが完全にギャグマンガなのだが・・・ 

中間管理録トネガワ(4) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(4) (ヤングマガジンコミックス)

 

とはいえ面白いのは紛れもない事実である。

原作では「もはやギャグだろ」としか思えないような大仰な表現を用いながらも飽くまで真剣勝負として描いていたのに対し、本当にギャグにしてしまったのが本作と言えよう。

ネットで数々のネタにされていたことからもポテンシャルは感じられていたが、作品にしたらまさかこんなにギャグにハマるとは。むしろこちらのほうが表現に沿った作品なのではないかと思ってしまう。

 

アカギ 33 (近代麻雀コミックス)

アカギ 33 (近代麻雀コミックス)

 

本家の作品も新刊が出ていた。

「1話で1牌打つか打たないか」で賭けが成立しかねないほどに進行が遅いことに定評がある『アカギ』だが、33巻でも期待を裏切らず数牌だけ打って終わった。

一体何巻でどんな終わりを迎えるのだろう。

吾妻ひでお『失踪日記』『失踪日記2アル中病棟』、卯月妙子『人間仮免中』『人間仮免中つづき』

生活リズムが乱れていたせいか、孤独な生活を長く続けすぎたせいか、何となく気分が落ち込むことが増えていた。 

しかし己より遥かに酷い境遇にある方々がそれでも前向きに生きているのを見ると、ほんの少しだけ元気が湧いてくる。

今回はそんな漫画を紹介する。

 

失踪日記

失踪日記

 

 

失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

 

鬱や不安で突然仕事を放り出して失踪したり、酒浸りになった末にアル中病棟にぶちこまれたりする様をコミカルに描いている。

これだけ悲惨な目にあっても笑えるように描けるということに凄みを感じた。 

 

 

人間仮免中

人間仮免中

 

 

吾妻ひでおのようにコミカルには描いていないけれども、統合失調症になり身も心も打ちのめされているにもかかわらず前向きに生きていこうという様が伝わってくる。

読むと暫く呆然としてしまうくらいには力強い。

 

 

どうでもいいが、どちらも1巻と2巻の色合いが似ている。最初は出版社が同じだからかと思ったが、『人間仮免中つづき』はイースト・プレスからではなく小学館から出ている。ふーむ。

ピーター・J・ベントリー『家庭の科学』、青木皐『人体常在菌のはなし』

私は率直に申し上げて科学が得意ではありません。

数式を見ると目眩がするとは言わぬまでも手が止まります。化学式は見てもちんぷんかんぷんです。現象のメカニズムや人体の仕組みもさっぱり分かりません。

しかし分からないながらも興味はあります。

せめて分かったつもりになれないか。

というわけで、今回は楽しく読める科学本を紹介します。

 

家庭の科学 (新潮文庫)

家庭の科学 (新潮文庫)

 

図書館でぶらぶらしているときにたまたま目につき、借りて読んでみたらこちらがめっぽう面白い。

ある男の一日を科学的に分析するというストーリーなのですが、もうこの男がびっくりするくらい悲惨な目にあいます。寝坊するわ鞄を忘れるわガムを髪にくっつけるわ日常生活で起こりうる惨事をこれでもかとばかりに経験します。そしてその原因や過程を著者が冷静に説明します。そのギャップがまた笑えます。 

同じ新潮文庫ですと、サイモン・シン氏のシリーズは以前興味深く読んだ覚えがあります。サイモン・シン氏は科学にまつわるエピソードを劇的に描くのが非常にうまいです。

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

 
フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

 

 

 

 

人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)

人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)

 

こちらは立花隆氏と佐藤優氏が次々と教養本を紹介していく『ぼくらの頭脳の鍛え方』で紹介されていて買った覚えがあります。そして購入以降しばらく放置していましたが、この度ようやく通読した次第です。

タイトルのとおり人体に常在している菌のお話なのですが、著者の菌愛が尋常ではありません。「かわいい常在菌」とか「菌が喜ぶ」とかそういう表現が頻繁に出てきます。しかも語り口がやたら軽い。

冬でも超ミニスカートで生足、ハイソックスという格好の女子高生。これもやめた方がいい。「大丈夫、流行りの毛糸のパンツ穿いてるから」といったって、やはり冷えるだろう。なかには生ヘソまで出している娘もいる。やめなさい。伊達の薄着は育菌違反なのである。私としては、菌虐待行為で逮捕したいくらいである。 

終始とは言わぬまでも、しばしばこんな調子です。こうしたノリが好きな方は楽しく読めるでしょう。あと上の書影にはありませんが、帯が『もやしもん』ですので、『もやしもん』ファンは必読……かもしれません。

 

ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)

ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)

 

 

 

坂戸佐兵衛・旅井とり『めしばな刑事タチバナ』、新久千映『ワカコ酒』、高瀬志帆『おとりよせ王子飯田好実』、雨隠ギド『甘々と稲妻』

腹が減っては戦はできぬ。

そんなことわざがありますが、戦に限らずとも、空腹では何もする気になりません。

何も食べなければそのまま死んでしまいます。

食べることは生きること。

ということは、食事が充実していれば人生が充実していると言っても過言ではありません。

そういうわけで、今回は食をテーマにした漫画を取り上げます。

 

めしばな刑事タチバナ 23 (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 23 (トクマコミックス)

 

 

主人公が得意分野について語り尽くす、いわゆる薀蓄モノなのですが、その対象がカップ麺だったり牛丼だったり(言い方は悪いかもしれませんが)庶民の食だというのがこの漫画の醍醐味です。その対象ゆえに読んでいれば知っている名前がじゃんじゃん出てきて、「まさかあの食べ物にそんな背景があったとは」と驚くこと間違いありません。

 

 

ワカコ酒 7 (ゼノンコミックス)

ワカコ酒 7 (ゼノンコミックス)

 

 

満足すると「ぷしゅー」という謎の息(?)が出るワカコさんが酒と肴をひたすら楽しむお話です。1話1話が短いので、さらっと読めます。

薀蓄が披露されるとか奇抜な展開があるとかそういうわけではないのですが、一人でも表情豊かにお酒と食事を楽しむワカコさんを見ていると前向きな気持ちになれます。

 

 

料理漫画というとネタさえあれば延々と続けられそうなイメージなのです(『美味しんぼ』然り『クッキングパパ』然り)が、『おとりよせ王子飯田好実』はなんと7巻で完結しました。いやはや驚愕です。

現実にある商品を扱っているので、自分でもおとりよせできるというのが素晴らしい……と言いつつ、私はおとりよせはしたことがありません。好実氏のリアクション芸と薀蓄で満足してしまうからでしょうか。

 

 

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンKC)

甘々と稲妻(7) (アフタヌーンKC)

 

 

やはり子供というのは卑怯です。なにせ、楽しそうに食事をしている様子を見ているだけで、こんなに癒されてしまうのですから。

一行で要約すると父子家庭のおとうさんが娘のために料理に精を出すというお話で、作者お手製(?)と思しきレシピが話の終わりに出てきます。ただ、けっこう手間をかけた品が多いため中々試す気にはなりません。

もちろん冒頭に述べたように幼稚園児つむぎちゃんが食を謳歌している様子を見ているだけでも満喫できますが、料理好きの方が読むと一層楽しいかもしれません。

 

 

そういえばここまで書いてふと思い出しましたが、『めしばな刑事タチバナ』に似た漫画に『だがしかし』がありますね。

 

 6巻にして遂に話に大きな動きが出てきましたので、続刊が楽しみです。

 

 

そしてまたまた思い出したのですが、料理のレシピが参考になると言えば『きのう何食べた?』ですね。

 

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)

きのう何食べた?(12) (モーニング KC)

 

実家暮らしの時代に 8巻あたりで読むのを止めた記憶がありますが、一人暮らしを始めた今ならまた違った楽しみ方ができるかもしれません。

 

 

花のズボラ飯』とかその繋がりで『孤独のグルメ』とかも脳裏に過りましたが、また何か思い出したら終わらなくなりそうなので、このあたりで。あ、でも『花のズボラ飯』の親子丼のレシピは私でも作ろうかと思えるくらいなのでオススメです。 

花のズボラ飯(3)(書籍扱いコミックス)

花のズボラ飯(3)(書籍扱いコミックス)

 

 

 

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

森見登美彦「山月記」(『新釈走れメロス』所収)、萩原浩「成人式」(『海の見える理髪店』所収)

あのときああしていたら。

あのときああしなければ。

「たられば」で歴史を語るべからずとはよく言いますが、よく言われるということは逆説的にそれだけ「たられば」に人は陥るということです。

仮定の話が意味をなすのは、それが未来に現れうるときだけ。

だから取り戻しようのないことについて「たられば」を云々しても仕方ない。

頭では分かっていても、体得するのは困難です。

 

今回はそんな感じの短編を取り上げます。

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

 

私は一時期森見登美彦氏の作品にはまっていました。

というか、今でも時々読み返してしまいます。

そしてこの前中島敦山月記』を紹介し、ふと思いついてこちらの「山月記」も読み直した次第です。

中島敦山月記』と異なるのは、李徴には袁傪がいましたが、斎藤秀太郎には誰もいません。斎藤を尊敬してやまない永田が強いて言えば袁傪に近いのでしょうが、斎藤を迎えにくるのは永田ではなく、斎藤と付かず離れずの付き合いをしていた後輩夏目です。救いがないのはどちらの山月記も同じですが、全体的に森見登美彦氏の「山月記」の方がさらに悲哀が滲んでいるように感じました。

俺は何よりも、自分に敗れたのだ。あれほど誇り高かったこの俺が!

 

 

海の見える理髪店

海の見える理髪店

 

 『コンビニ人間』が芥川賞を取った同時期に直木賞を取ったのが本作です。

とはいえ、なかなか買うきっかけがなく放置していました。

しかし今回Kindleでセールになっていたので、漸く重い腰を上げて購入することとしました。

「成人式」は本書の最後に収録されています。

娘を亡くしてしまい毎日を鬱々と過ごしていた夫婦が、娘の成人式に代理で出席するべく奮闘する中で前向きになっていくというお話です。

あらすじだけ聞くと荒唐無稽ですが、読むと「たられば」から抜け出すためにはこういう無茶をするしかないのかもしれないと思わされます。

そもそも私たち夫婦には、自分たちだけ何かを楽しんだり笑ったりするのが罪悪に思えていた。 

 という状態まで至ってしまっては、尋常な手段では回復不可能です。とあれば、ちゃぶ台をひっくり返すような手段に訴えるほかありません。道理を引っ込めるために無理を通すとでも言いましょうか。

後悔するだけ後悔したら、このような跳躍が必要なのかもしれないと思わされた一作でした。