読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書記録

読んだ本の内容を思い出せないことが増えてきたので、何でもいいから記録を残すことにしました。ネタバレもありますのでご注意ください。

村田沙耶香『コンビニ人間』

小説

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

芥川賞受賞作である。

 

しかし、『りゅうおうのおしごと!』の後に読む本ではなかったかもしれない。『りゅうおうのおしごと!』がストレートに読者の心を打ち、一歩一歩頑張っていこうと思わせるのに対し、『コンビニ人間』は読者の足元を揺らがせる。読了後、正常とは何か、異常とは何か、よく分からなくなってくる。

 

あらすじは以下。

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。 

 

己が正常だと思っている人も己が異常だと思っている人も読むと何かしら発見があると思う。そういった意味では素晴らしい作品だ。しかし前向きに頑張ろうと思いたい時に読むべき小説ではなかったかもしれない。