読書記録

読んだ本の内容を思い出せないことが増えてきたので、何でもいいから記録を残すことにしました。ネタバレもありますのでご注意ください。

pha『ひきこもらない』、秋川滝美・しわすだ『居酒屋ぼったくり2』、坂戸佐兵衛・旅井とり『めしばな刑事タチバナ26』

世間はお盆休みである。帰省される方がさぞかし多いことであろう。

いっぽう、私にとってはただの3連休である。もちろん帰省してもいいけれど、来週も再来週も週末に実家に泊まる予定の身としては些か味が悪い。

しかし帰省しなければしないで特にすることがない。 先週ライブやら遊園地やらで遊び倒したので、今週はきっと充電したほうがいい。

とはいっても、3日間ずっと家にいるのは気が滅入りそうだ。

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

ひきこもらない (幻冬舎単行本)

 

そんなわけで、一昨日本屋に出かけて『ひきこもらない』を仕入れた。相変わらずゆるふわで力の抜ける文体である。今回は参考文献等がなく、引用される作品もそれほど多くない。「書を捨てよ、街に出よう」というやつだろうか。

 

居酒屋ぼったくり〈2〉

居酒屋ぼったくり〈2〉

 

友人は『居酒屋ぼったくり』を読むととある店に行きたくなるようだが、私は特にそういう店はない。それに寂寞の念を覚えなくもなかったので、本を買った足で隠れ家っぽい居酒屋に入ってみた。一人で。

店主さんが優しそうだったのは良かったが、一人だと相当胃袋に頑張ってもらわないと色々な食べ物が味わえないことが分かった。ついでにお財布にも優しくない。

でも、2〜3ヶ月に1回ならいいかもしれない。また気が向いたら行ってみよう。

 

めしばな刑事タチバナ 26 (トクマコミックス)

めしばな刑事タチバナ 26 (トクマコミックス)

 

たまたま本屋で新刊が並んでいるのを見かけたので買ったものの、どんどん話がニッチになっている。知識より発想で盛り上げようという感じ。体系だった歴史を求める人には本巻はちょっと物足りないかもしれない。